骨粗鬆症治療 骨折予防


骨粗鬆症 治療、骨折予防
骨を大切に 骨粗鬆症治療
ホネの役割
ホネの鍛え方
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
つまづき骨折
加骨について

女性特有の疾患 骨折予防
更年期障害
生理痛・生理不順
産後のウツ
今すぐ取組めること

インフォメーション
よくある質問
お客様の声
リンク集

店舗案内
代表挨拶
店舗概要/アクセス
ブログ
お問合せ/サイトポリシー

インフォメーション
          よくある質問

車で伺いたいのですが、駐車場はありますか?

答え
(※商品の写真が入ります) はい、ございます。お店の横に隣接しています。

遠くに住んでいるのですが、商品を送ってもらえますか?

答え
(※商品の写真が入ります) はい、服用される人の症状をうかがった上で、クロネコ宅急便にてお送りいたします。
(1万円以上のご注文は送料無料です。)
郵便振込み、コレクト便使用は、ご注文時にうかがいます。
家庭的な店です。特にお悩みがあればご相談にのります。

更年期障害は治るのでしょうか?

答え
(※商品の写真が入ります) はい、なおりますよ。
精神面と肉体面のバランスが大切です。
40歳を過ぎると、いっきに、(7割も)女性ホルモンが減少するので、
それについておきるもろもろの症状について行けない人が多いのですヨ。
一度、ご相談下さい。

どうして女性の方が「骨粗しょう症」になるのでしょうか?

答え
(※商品の写真が入ります) その理由の第1は、もともと女性の骨密度が低いと言うこと。
20歳までにしっかり骨を作ると言う意識を持つことが大切です。
第2は「更年期」(45〜55歳頃)に女性ホルモンの減少で、骨密度が急激に減少してしまう。
こういう現実をご自身の骨密度を測定しながら理解すること。
第3に、女性のほうが、閉経後からの人生が長くなった事。長寿である事。

男性は「骨粗しょう症」にならないのですか?

答え
(※商品の写真が入ります) 男性も骨粗しょう症になる危険はあります。
特にがんや消化器系の手術をすると骨密度の減少がススミます。
統計的には女性に比べると10〜15年遅く発症。

バナー×2
骨の役割 加骨について

このページのTOPへ
ミヤノ薬局へのお問い合わせはコチラから

CSS
COPYRIGHT(C)2010 ミヤノ薬局 ALL RIGHTS RESERVED.